更年期に関係ある女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンとは

エストロゲンとプロゲステロンについて

エストロゲンとプロゲステロンは、代表的な女性ホルモンとして有名です。

エストロゲンは、卵巣ホルモンとも言われ、生理周期の前半の期間を安定させる役割があります。

プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれ、生理周期の後半期間の維持、妊娠黄体の形成などを行っています

このように、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンの二つともが、妊娠する際にとても大切な役割を任されています。

そんなエストロゲンとプロゲステロンを上手くコントロールしてくれるのがエクオールサプリです。

参考:http://equol-supplement.com/

エストロゲンの作用と効果について

不妊症で悩んでいる女性の間では、エストロゲンは、日頃よく耳にする言葉です。
今では、エストロゲンを補給するためのサプリメントが市販品でも数多く販売されています。

エストロゲンは生理周期の安定だけでなく、胸のラインの形成や美肌効果があり、女性の美しさを醸し出す成分です。

どういうことかというと、エストロゲンは、新陳代謝を向上させ、女性の若々しさを長期間維持する効果が期待できるということなのです。

エストロゲンは、生理の終わりから排卵日までに特に多く分泌されます。

そして、更年期が終わり、月経の機能が完全に停止すると、 エストロゲンの分泌が完全に終了します。

プロゲステロンの作用と効果について

プロゲステロンは、代表的な女性ホルモンの中の一つで、身体の中でも一番バランスを崩しやすいホルモンです。

ただし、プロゲステロンは、基礎体温を上昇させ、妊娠の維持、乳腺の形成など、妊娠時には絶対に欠かすことのできないホルモンだと言われています。

国内でのここ数年間の研究結果によると、女性の体内にある多量のプロゲステロンという女性ホルモンには、乳がんを抑制する効果があるということが発見されました。

このように、エストロゲンとプロゲステロンは、女性が美しく健康な身体を維持するためには絶対に欠かすことのできない重要な役割を任せられている女性ホルモンだと思って間違いないと思います。